×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神田うの ウエディングドレス 神田うの ブランド

神田うのは、セレブブランドとして、ウエディングドレスをはじめ、ジュエリー(デュノア)、ストッキング・下着(トゥシェ・ウノコレクション)、サングラスブランド「U-NO」の3つの自己ブランドのデザイナーとして活躍中、多くのファッション製品を創造し、成功をおさめてきました。
そのなかでも、神田うのの「シェーナ・ドゥーノ」というウエディングドレスブランドは有名ですよね。
「シェーナ・ドゥーノ」とは、イタリア語で、シェーナ=シーン(場面)、ドゥーノ=「うの」「最高のモノ」「ナンバーワン」という意味からとった名前だそうです。
シェーナ・ドゥーノのウエディングドレスを着て、人生の最高の一場面を過ごして欲しいというチーフデザイナー神田うのの願いが込められています。シェーナ・ドゥーノのウエディングドレスは、デザインや素材、カッティングのすべてが高級志向に作られていて、本当に素敵な作品ばかりですね。
神田うのは、2001年に株式会社クラウディアから「Scena D'uno」(シェーナ・ドゥーノ)を発表し、それ以降、パリのオートクチュール・コレクションに出展しています。ウェディング ブライダル業界において様々な旋風を巻き起こしてきた神田うのは、その後、ニューヨークでもコレクションも発表し、世界中のブライダル関係者やマスコミから、おおいに注目される存在にまでなりました。
神田うののウエディングドレスを身にまとい、一生に一度の晴れの舞台を演出したい女性は数多いと思います

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ウエディングドレス 神田うのブランドのこだわり

神田うのデザインのウエディングドレスシェーナ・ドゥーノのドレスで、神田うのは、パターンを引くだけのデザインではなく、実際にドレスのサンプルに触れ、モデルを前にピンを打ち、リボンの大きさや位置を確認し、最高のバランスを見つける...というこだわりで作られているそうです。
毎日の生活で、自分が見たこと、聞いたことや感じたことなど、様々なこと、全てをデザインの基礎にしてしまそうです。普段の生活から一流品を身に付けている神田うのさんだからこそ、本物の良さを知っているのでしょうね。本当に良いものは、肌触り、着心地、バランス、全てにおいて完全でなければならないというこだわりは、大切なことですよね。
ウエディングドレスと一緒にあわせるベルトや帽子、それにアクセサリー類もトータルでデザインするというのですからすごいこだわりです。一般人にとってそこまでのこだわりが必要かどうかは別として、こだわりの元で作られたウエディングドレスなんて、やっぱり着てみたいと思いますよね!
神田うのデザインのウエディングドレス、シェーナ・ドゥーノは、北海道から九州まで、幅広い地域で多くのお店が取り扱っているので、お問い合わせて、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

ウエディングドレスのブランド

ウエディングドレスの選ぶ方法として、デザイナーから選ぶ人も多いようです。
ちょっと前は、桂由美さんのウエディングドレスに憧れる女性が、とても多かったように思います。また、ミスアシダのウエディングドレスも、女優の藤原紀香さんが結婚式で着たりして、有名ですね。
最近ではモデルの蛯原友里さんや、押切もえさんのデザイン、神田うのさんのデザインするウエディングドレスのブランドのシェーナ・ドゥーノが人気のようです。
シェーナ・ドゥーノは、神田うのさんの高級志向が反映された、高級感漂うハイセンスなデザインが多いようです。
昔、多くの場合、デザイナーズブランドだとレンタルはできませんでしたが、最近では桂由美さんのウエディングドレスなどもレンタルできるようになったようです。
ウエディングドレスに対する価値観も変わってきているのでしょうね。
和服や十二単の結婚式も増えているようで、その時々の芸能人の結婚式に感化される人も多いです。
どちらにしても、ウエディングドレスは、予算の範囲内で、自分に似合ったものを選ぶことが大事ですね。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 神田うの ウエディングドレス